【警備保障タイムズ掲載】祇園祭にてAIを活用した雑踏警備を実施しました。

News

京都警備業協同組合が受注した雑踏警備にて、KB-eyeが開発した「AI雑踏警備システム(ZAT・04)」を活用しました。

システムは、AIが来場者の群衆密度や流れをリアルタイムに解析し、雑踏事故・群集事故が発生する傾向を警備本部へ通知を行います。現場への迅速な対応はもちろん、警備員の省力化と警備の質向上を図ることが可能になります。

記事詳細

関連記事